2024年6月25日
グッチ(GUCCI)2018年春夏ウィメンズコレクションは、メンズコレクションと合同でミラノ・ファッション・ウィーク初日2017年9月20日(水)に発表された。今季のキーワードは「The act of...

グッチ

グッチ(GUCCI)2018年春夏ウィメンズコレクションは、メンズコレクションと合同でミラノファッションウィーク初日2017年9月20日(水)に発表された今季のキーワードは「The act of creation as an act of resistance」であると、コレクションノートには綴られている

グッチ 2018年春夏ウィメンズコレクション - 豊かな創造行為は時代、そして国境を超えた旅へと誘う|写真39

resistanceが意味するものは定かではないが、グッチを手掛けるアレッサンドロミケーレの抵抗意識を感じさせたのは、グッチアイコンの遊び方だこれまでもGGモチーフ、グリーンレッドグリーンのウェブなど、メゾンの象徴に重きを置き、クリエーションに多用してきたミケーレ今季も歴史を大切にし、これらのアイコニックなモチーフをデザインの対象としながらも、アレンジ手法を少しマイナーチェンジしているように映ったグッチ ウエストバッグ コピー

グッチ 2018年春夏ウィメンズコレクション - 豊かな創造行為は時代、そして国境を超えた旅へと誘う|写真6

一つの例として、ジャケット&パンツのルックが挙げられるレイヤードは複雑で、上半身はジャケットの下にベスト、インナーのようなものが合わせられており、下半身はパンツの上にレーススカート、さらにミニスカートを重ねているように見える

一体当たりの点数の多いルックであるが、バッグ、アクセサリーを含めて半数以上のアイテムに「GGモチーフ」を起用しかも部分的ではなく全面にだこのモチーフ特有のクラシックな姿を保っているのものもあるが、中にはネックレスのように、色とりどりのビジューで表現され、本来の趣からかけ離れたものもあるまた間に差し込まれた、ランジェリー風アイテムも新鮮である比較的禁欲的な印象のあるミケーレの作品では、センシュアルな魅力を大胆に打ち出すのは新発想のように感じた

グッチ 2018年春夏ウィメンズコレクション - 豊かな創造行為は時代、そして国境を超えた旅へと誘う|写真75

花鳥風月をポイントにノスタルジックな世界を築き上げてきた、グッチワールドにも変化が起きたミケーレが愛するボタニカルなモチーフは、力強いレッド、ブルーといった色彩で描かれ、幻想的というよりは刺激的中には、リアルに描かれたハイビスカスが並ぶ、ハワイアンな絵柄も存在するグッチ キー ケース コピー

グッチ 2018年春夏ウィメンズコレクション - 豊かな創造行為は時代、そして国境を超えた旅へと誘う|写真20

進化を遂げるミケーレの世界を加速させるのは、ディスコガールを想起させる80’sの要素と民族衣装の起用ピチピチのミニスカートに、ボリュームショルダーさらにネオンカラーも加われば、過去の世界へとタイムスリップした気分に

グッチ 2018年春夏ウィメンズコレクション - 豊かな創造行為は時代、そして国境を超えた旅へと誘う|写真65

さらに、ディテールでチャイナボタンをあしらったジャケットやドレスの展開は、アジアへの旅に観客を誘ってくれる

もちろん、スポーツテイストやメンズライクなディテール、エアリーなドレススタイルなど、異なる要素をコラージュ的感覚で組み合わせた、折衷主義的グッチワールドにいるのは間違いないのだが…、どこか異次元の旅のようで、ミケーレの新しいスタートのようにも感じられた