2024年6月25日
バレンシアガ(BALENCIAGA)の2019年サマーコレクションが、フランス・パリで発表された。「ファッションショーは、人々を夢中にさせるようなものであってほしい。」アーティスティックディレクターの...

バレンシアガ

バレンシアガ(BALENCIAGA)の2019年サマーコレクションが、フランスパリで発表された

記憶に残るファッションショーとは?

「ファッションショーは、人々を夢中にさせるようなものであってほしい」アーティスティックディレクターのデムナヴァザリアがこの考えのもと進めたショーは、ビジュアルアーティストのジョンラフマンとのコラボレーションによるもの天井から壁、床まで会場全体を包み込むように映像作品を流し、音楽とともに時の移ろいに合わせて変化させた

クチュールをいまに落とし込むということ

バレンシアガ 2019年サマーコレクション - 歴史を繋ぐこと、いま着てもらう洋服を作ること|写真5

そして、デムナがもう一つ掲げた目標は、クチュールを着心地のよいものにすることストリートテイストを取り込むことで“洋服が売れている”バレンシアガにとっては、チャレンジングな試みともいえるいまを愛するデムナは同時にメゾンの歴史も愛し、メゾンにとってアイデンティティでもあるクチュールをモダンに昇華させたのだ

いま着てほしい「Cシェイプ」

バレンシアガ 2019年サマーコレクション - 歴史を繋ぐこと、いま着てもらう洋服を作ること|写真24

Cシェイプと名付けられた新しい側面からのシルエットが登場特徴的なのは、シャツのドラマティックなスタンドアップカラースカートは前に流れるような立体的なシルエットになっていて、サイドから覗くと全体でCのシルエットを描くユニークなフォルムとなっている

歴史に紐づくいまのデザイン

バレンシアガ 2019年サマーコレクション - 歴史を繋ぐこと、いま着てもらう洋服を作ること|写真9

クチュールといえば…のドレスは、布地と身体との空間そしてショルダー、クリストバルバレンシアガが大切にしていた2つのポイントが垣間見えるようストラップドレスは、ボーンが入った肩のストラップだけが身体に触れている面白いデザインで、ドレスのボディ上端に入れられたボーンによりドレス地と身体の間をふわりと風が通り抜け、歩みにあわせてゆらゆら、ふわふわとテキスタイルが揺れ動く

バレンシアガ 2019年サマーコレクション - 歴史を繋ぐこと、いま着てもらう洋服を作ること|写真76

フィナーレに登場したドレスは、クリストバルバレンシアガのドレスを想起させるようなボリュームバレンシアガ コピーエレガントな素材に、バレンシアガの文字が様々をフォントで並べたグラフィックのプリントの組み合わせが、クチュールを昨今の⼈々の着⽅に適した⽅法で組み替えるという今季のテーマを体現しているバレンシアガ 激安

未来へ向けたボディフィット

バレンシアガ 2019年サマーコレクション - 歴史を繋ぐこと、いま着てもらう洋服を作ること|写真43

3Dモールディングは今季も健在ドレスは、まるで人間の型をとったように立体的で、胸元は膨らみ腕周りは細く、ボディにぴったりフィットするようになっているゴールドチェーンをプリントしたドレスは、チャイナ服風のアジアンテイストな仕上がり手の位置にはジップ付きのポケットもついていて、纏う人のことを考えた機能性にも富んでいる